新築住宅の義務 住む人を守る~地震やその後の暮らしに関わること

Pocket

新築は耐震構造にしなければなりません。

現代では家の新築や改築は、等級がありますが、一定以上の耐震構造にすることが義務付けられるようになっており、最近起こっている地震のことを考えると、誰しもが必要なことだと理解しています。

しかし、ときたまテレビなどで、免震とか制震ということが出てきますので、耐震との違いは何だろうかと思っている人も多いはずです。
実は、耐震とは、建物の骨組みなどを強化して、地震の揺れがあっても建物が崩壊しないようにすることです。

もしあなたが自分の家を建てるとき、信頼できる設計士を選ぶことが重要です。

免震構造とは

これに対して、免震とは、地震の揺れや衝撃を吸収し、地震のエネルギーが直接建物に伝わりにくくすることです。
制振(制震と表記する場合もあります)は、中間的な位置になりますが、地震による建物の揺れを制震装置に吸収させ、地震エネルギーが建物に伝わりにくく、揺れを低減する仕組みとなっています。

耐震と免震の違い

具体的には、耐震では建物自体を固定することをします。耐力壁を作ったり、増やしたり、接合部を固めたリします。骨組みを強化して地震に耐えるようにするものです。
免震は基礎部分に免震装置を入れて、建物と地盤を切り離しておくことが主なポイントになります。

制振構造とは

制振は土台と梁の間に震動吸収装置を設置して、建物の揺れを軽減しようというものです。
地震対策としては、免震が最も優れており、建物内の揺れもなく、家具などの転倒もほとんどなく、二次災害も避けられるとされていますが、この対策は導入コストがかかり過ぎることに難があります。

最後に

耐震は建物倒壊には役立ちますが、建物の揺れや家具の転倒は防げず、二次災害も防ぎ難いので、今は中間で建物の揺れも軽減でき、二次災害も防ぎやすく、比較的安価な制震が検討されるということにつながっています。

今後、制振というキーワードが注目される日が必ず来ます。
その時に、制振構造について正確な知識や経験を持った住宅会社に頼むということは重要です。

images

 

南海地震と高松市 | 住宅リフォーム総合情報 | 英語上達の秘訣 | 心の童話 | SEOアクセスアップ相互リンク集 | 童話 | 工務店向け集客ノウハウ | お家の見直ししま専科 | 女性の人生 | オーディオ | お小遣いNET | 初値予想 | 家計見直しクラブ | 占い 電話 | 女性の人生 |

Googleページランク